2008年東京テクニカルカレッジが植樹した樹のその後・・・
以下の画像は、2008年7月31日、8月1の2日間にかけて、東京テクニカルカレッジの皆さんが植樹した苗木の様子を、2008年10月10日に現地視察した際に撮影してきたものです。
過酷な環境下での苗木の生存率は約30%です。
今後は、植樹後の管理体制を十分に行って生存率を高め、植樹活動をさらに推進していきます。

植樹時の画像(2008/7/31〜8/1:東京テクニカルカレッジの皆さん)
草方格を作る作業 草方格を作るための測量
沙漠植物「砂ナツメ」の苗を
栄養剤の水に浸す
2日間の作業を終了

植樹後の画像(2008年10月10日:現地視察団撮影)
草方格は厳しい砂の移動にも耐えてくれました 厳しい環境に生き残った草ナツメの苗

新疆大学沙漠緑化協会 日本支部 Green Flag Japan